トコジラミ駆除は人間だけでなくペットの為にも必要です

海外旅行や輸入品

作業員

近年トコジラミ駆除の依頼が増加しています。海外から輸入された家具や衣服に付着して国内で繁殖しているケースもあります。噛まれると激しい痒みを感じて、発疹が体中にでてきます。

詳しくはこちら

宿泊施設側の対策

女性

海外からの観光客が増えている日本では、トコジラミ駆除の依頼が増えています。トコジラミへの対策は、ホテルや宿泊施設にとって重要なことです。清潔な環境を整える為に、定期的に駆除を行ないましょう。

詳しくはこちら

世界規模で発生

女性

トコジラミ駆除は今や日本だけの問題だけではなく、世界規模で増加しています。有名ブランドや宿泊施設でも発生が報告されているケースもあります。ダニやノミとは違う生態の害虫なので必ず専門業者に依頼して対応してもらいましょう。

詳しくはこちら

子供やペットへの被害

虫

トコジラミと聞いても、あまりピンとこない方もいるでしょう。トコジラミとは、害虫の一種で、日本では東京オリンピックを開催した時期を目途に減少していました。しかし、グローバル化が加速した現在で再び増加しているのです。その原因となるのが、輸入家具や衣服、さらに海外からの旅行者の存在です。トコジラミが付着したままの家具や衣服が、国内で流通して発生しているのです。ノミやダニよりは大きいトコジラミですが、日中は家具の裏や隙間に入り込んで姿を確認することが難しくなります。しかし、餌となる血液を求めて夜になると活動が活発になってきます。人間の血液は勿論、猫や犬などの血液を吸血します。吸血されると、強い痒みを感じて発疹が発生します。この痒みというのが非常に強烈で、かきむしって後に残る人もいる程です。皮膚が柔らかい赤ちゃんやペットにとっては、耐えがたい苦痛になってしまうでしょう。トコジラミは、柔らかい皮膚を見つけて吸血を行ないます。子供やペットが痒がっている時は、発疹が発生しているか確認してみましょう。皮膚科に行けば、ヒスタミンやステロイドを処方してくれます。トコジラミが室内で発生した時は、自分でトコジラミ駆除せずに専門業者に依頼しましょう。市販の薬剤では効き目が異なるので、トコジラミ駆除できたと思っても時間が経過して又発生してしまうこともあります。二次被害を防ぐ為にも、プロに依頼して駆除から消毒までしっかりと行なってもらいましょう。