トコジラミ駆除は人間だけでなくペットの為にも必要です

海外旅行や輸入品

作業員

自然豊かな地域への渡航がスムーズになった近年、海外から寄生虫や害虫が国内に持ち込まれてしまうケースが後を絶ちません。特にトコジラミによる被害とトコジラミ駆除依頼は増加傾向にあります。日本では、被害報告も少なっていましたが、2000年頃からまた増加してきたのです。その原因の1つと考えられているのが、海外からの輸入製品です。トコジラミは非常に小さいので、家具や衣服に付着しても気づかれないこともあります。海外旅行から帰ってきた際に、お土産品やキャリーケースなどに付着していたという報告もあります。

大量発生する前にトコジラミ駆除を行なう必要があります。繁殖してしまうと、寝室や家具、ソファーなどを住処にします。夜行性なので日中姿を確認しようとしても困難でしょう。トコジラミは、動物の血液を餌にします。人間は勿論、ペットや家畜も被害に合ってしまいます。噛まれると、強い痒みを感じて赤い発疹が出てきます。トコジラミ駆除を行なわずに放置すると、皮膚炎や蕁麻疹、中には発熱するといった重症化を引き起こしてしまいます。トコジラミ駆除するには、衣服を熱湯で消毒したり、薬剤で殺菌したりしましょう。しかし、専門業者に依頼して、徹底的に駆除をしてもらった方が安心ですし、安全でしょう。業者に依頼すれば、状況次第で即日対応を行なってくれます。事前に調査依頼を申し込んでおけば、家のあらゆる場所を詳しく調べてくれます。寝室やリビングなどは入念に調べてもらうと良いでしょう。